舞台美術の仕事に就きたい

男性

仕事の内容と探し方

大道具の仕事は、まったく未経験の素人が応募して即採用されるほど甘い世界ではありません。大工や美術関係の最低限の知識や経験は欲しいところです。というのも大道具の仕事は、演出家をはじめとしていろんな人間と一緒になって仕事をしていきます。その際に知識や経験がなければ、意思の疎通や希望の実現が難しい場面が出てくるからです。スムーズに仕事をするためにも、学校や職場で勉強しておくことをすすめます。たとえば大工としての経験は建設現場でも積めますし、大学の建築学系の学科で勉強するのも役に立つでしょう。あるいは専門学校に行って、舞台美術について学ぶのも良い方法です。関連した学びの場や就職先はいろいろあるので、まずはそこで経験を積んでみます。そこで必要な知識と経験を十分身につけたら、大道具の求人に応募します。大道具の求人先は舞台美術からテーマパークまでいろいろあるので、まずは自分に合った就職先をみつけましょう。大道具の求人はアルバイトもあるので、未経験者はそこから業界に入るのも一つの方法です。アルバイトとして十分な経験を積めば、そこから本採用につながる道が開ける可能性があります。またそれ以外にも、大道具の求人を探す方法はいくつかルートがあるものです。劇団で直接求人募集されていることもありますし、求人情報サイトで取り扱われている場合もあります。ただし人気が高く欠員が少ないためか、募集そのものはそう多くはありません。そんな事情からも、気に入った大道具の求人をみつけたら即応募することが大切です。

Copyright © 2017 憧れの農業を始めよう【求人誌を活用する】 All Rights Reserved.